漆黒堂

人生を無彩色で彩りたい。

男飯レシピ 其の壱 「大目玉を食らう丼」

f:id:shikkokudo:20170306215613j:plain

日本男児の炊爨(飯盒で飯を炊くの意)とは、始めチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いてもふた取るな・・・などでは断じて無い!

剛炎一筋、後は野となれ山となれ。多少コゲてもフタするな!

・・・である。(スイマセン、やっぱりフタはします。)

 

f:id:shikkokudo:20170306215845j:plain

何故ならば、火加減不能の調理器具を使用するなのだが。

白灯油を燃料とする、キャンピング・ストーブなる男のマストアイテムがそれである。

 

f:id:shikkokudo:20170306220000j:plain

キャンピング何とかというくらいだから、キャンプ時に使用するシロモノだ。

そして、暖房目的というより、調理器具として使用することの方が多い。

と、言うか、圧倒的に・・・いや、完全に調理器具扱いなのである。

あ、ちなみに、今は蒸らし中。

 

f:id:shikkokudo:20170306220035j:plain

さて、興奮冷めやらぬうちに「大目玉」の調理に取り掛かろう!

焼き方は勿論、片目焼きである。

少しハイカラに「サニーサイドアップ」などと言ってみたりする。

日本男児として、半熟が許される数少ない例の一つであろう。

 

f:id:shikkokudo:20170306220846j:plain

程よく焼けたトロトロ加減にムラムラしてきたので、蒸らしていた白飯をチラ見する。

おっ!適当に炊いた割に美味そう?

 

f:id:shikkokudo:20170306220928j:plain

では、早速 on the rice.

この時、大切な半熟を割ってしまうのは未熟者。

それを避けて、固めに焼いてしまえば大馬鹿者。

日本男児ならば、失敗など恐れるなっ!

 

f:id:shikkokudo:20170306221014j:plain

味付けは、男らしく醤油のみ。

本当は、こっそり塩コショウしてあるなど絶対に他言無用。

そんでもって、昨今のヘルシー風潮を完全無視し、油たっぷりで焼き上げたほうが断然美味なのだが・・・何かホラ、白身の端っこの方がカリッとするし。

 

f:id:shikkokudo:20170306221048j:plain

などと、ゴチャゴチャ言ってるヒマがあるならば、早くグチャグチャに掻き混ぜろっ!

何もかも器からこぼれるくらいダイナミックにやって欲しいものだ。

しかし、あまり調子に乗ってこぼしまくると、ボコボコにされるから注意!

当然、妻からである。

故に、「大目玉をくらう丼」なり。

 

f:id:shikkokudo:20170306221159j:plain

はい、あ~ん♡

 って、やってくれる方、絶賛大募集中!!

 

以上、「オヤジ飯レシピ」でした。