漆黒堂

人生を無彩色で彩りたい。

果てしなき漆黒への探究 アウトドア編

f:id:shikkokudo:20170312190646j:plain

これは、欅の木地に拭き漆という技法で黒漆を擦りこんだ器である。

つまり、れっきとした漆器なのだが、何と野外での使用を前提に製作されているのだ。

基本的に漆は紫外線に弱く、強い衝撃で塗膜が割れてしまう恐れもある。そういった中で、敢えてアウトドアに特化するということは、ある意味挑戦だと思う。

そんな器を目の当たりにし、漆黒マニアの私が放っておくハズがなかろう。

 

f:id:shikkokudo:20170312190704j:plain

当然、このスプーンも拭き漆。但し、木地はセンという材料。非常に軽く、持つと何だか柔らかい感触の優しい木材。ヨーグルトなどをこれですくうと、とても口当たりがまろやかになる。

あぁ、スプーンによって、随分と味覚が変わるなぁ・・・と改めて感じさせられた。

 

f:id:shikkokudo:20170312190725j:plain

大中小と異なる大きさの器。こうやって重ねることを、アウトドア用語でスタッキングと呼んだりする。持ち手部分が邪魔をして完全に重ねられていないのは御愛嬌だが、この持ち手部分こそがこの器のウリなので致し方ない。

 

f:id:shikkokudo:20170312190746j:plain

大きい器に主菜を盛り付け、中くらいには白飯を、さて小鉢はどうしようか。

こういった悩みなら、何時までも悩まされたいものだ。

そう言えば・・・かつて、キャンプは特別好きではないとお話したこともあった。

www.shikkokudo.jp

原則インドア派の私ですら、思わず外へといざなわれてしまう。

そんな魅力が、どうやらこの器には秘められているようだ。