読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漆黒堂

人生を無彩色で彩りたい。

snow peak "Grand Ofuton Single 1000"

f:id:shikkokudo:20170319001815j:plain

私ぐらいハードボイルドになると、

妻:「お前なんか、出ていけっ!」

私:「あぁ、出てってやるよこんな家!!」

・・・などと言う会話は、日常茶飯事である。が。

くそう、近頃図に乗っていやがるので、少しお灸をすえてやらねばなるまい。

さらに追い打ちをかけてやれ!

私:「いいんだな?本当に出ていくぞ!」

妻:「どーぞ、ご自由に。」

私:「もう、二度と帰ってこないんだぞ!?いいのか?」

妻:「まぁ、それは寂しいですこと。」

私:「よし、じゃあな。では、夕飯までには帰ってきます。」

妻:「バカじゃないの。」

相変わらずの圧勝劇に大変満足である。・・・まぁ、今日はこのぐらいで勘弁してやろう。

さてと、これから夜までどうやって時間を潰そうか。

 

f:id:shikkokudo:20170319001847j:plain

折角のプチ家出だが、先立つモノもないので何処かでパァ~っと遊ぶことも叶わない。それならば、寝よう。寝る子は育つ。だったらお金も掛からないし。

いっその事、庭にテントでも張ろうかと考えたが、そうすると・・・

妻:家の掃除も手伝わずに何時までもそんな所で遊んでやがるのなら、朝まで家に入るんじゃねぇぞ!!

なぁ~んてコトになりかねない。という訳で、ベランダで寝ることにした。早速シートを敷き、マット、それにカバーを付ければ、あっという間に敷布団の完成だ。相当フカフカなので、床が固くても全く問題ない。

何だか本当に寝られそうな気がしてきたぞ。

 

f:id:shikkokudo:20170319002201j:plain

真っ赤な掛布団が更なる眠気を誘うこと請け合いだ。あとはこの中に潜り込んで、目をつぶれば夢の世界へと旅立つことが出来るだろう。

 

f:id:shikkokudo:20170319002342j:plain

ちなみに私は寝相が悪いので、夜中に掛布団の足側の方がめくれてイラッとすることが結構ある。そんなもん、いったん布団から這い出てとっとと直せば良いのだが、これが意外と億劫であり、寒いなぁ・・・と凍えながら結局朝まで我慢してしまうのは私だけじゃないハズだ!!

そんな困ったちゃんには、是非このストッパーをご利用願いたい。

 

f:id:shikkokudo:20170319003510j:plain

それ以上にムカつくのは、何といっても布団の中でカバーがぐちゃぐちゃになる事だろう。しかし先程のストッパー、なんとカバーも一緒にストッピング。もう、夜中にカバーを直そうかどうしようかと苛まれ続けたあの問題も一気に解決だ!

ちなみに・・・さっきからの悩み、私だけ??

 

f:id:shikkokudo:20170319004325j:plain

括目せよ!この掛布団の折り返しを!!

従来製品では、体勢を変えるたびに掛布団がパフパフして隙間から冷たい空気が侵入してきたが、この新商品は折り返し部分が見事に冷気をシャットアウト。ご安心して寝返りをおうち下さい。

 

f:id:shikkokudo:20170319010443j:plain

ふかふか、もふもふ♡

最高だなぁ~zzz

・・・・ん?

 

f:id:shikkokudo:20170319010547j:plain

愛犬:ねぇ、そんなにヒマだったら、ワタシを散歩に連れて行ってよ・・・

私 :ハイ、そうします。すみませんでした。

その代わり、あとで一緒に謝ってね。許してもらえるまで。

 

■実際に寝てみた感想

これならば、例え橋の下であっても快適な睡眠が得られるでしょう。現在プチ家出を検討されておられる方、この屋外専用布団マジおススメです。

■追記

あと数分遅れていたら、ベランダから屋内へ通ずる窓の鍵が封鎖されるところでした。どうやら、愛犬のファインプレーに感謝しなくてはならない以上に、私の珍プレーを反省すべき様です。