読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漆黒堂

人生を無彩色で彩りたい。

SIERRA CLUB "Sierra Cup"

f:id:shikkokudo:20170326193207j:plain

コレは、アウトドア活動に勤しむ者なら一目見て分かる、シェラカップと呼ばれる野外専用食器だ。色んなアウトドア・メーカーから発売されており、デザインこそ各社微妙に異なるが、基本的には把手の付いた深皿といった形状である。また、比較的過酷な条件での使用が前提となるので、丈夫で錆びにくい金属で製造されることが多い。

ちなみに、コイツはシェラカップの元祖ともいうべき、"SIERRA CLUB"のオリジナル品。

 

f:id:shikkokudo:20170326200721j:plain

カップと名が付くだけに、飲み物を注ぐのが主な使用方法だが、小鉢して一品盛付けるのは勿論の事、時には直接火をかけて調理をしたりする場合も。メーカーによっては蓋を販売しており、極少量の白米を炊爨するための飯盒代わりにもなるらしい。それどころか、緊急時に土を掘る為のスコップとしても使えるとか。

無くても困らないが、あると便利な道具かも知れない。

 

f:id:shikkokudo:20170326201357j:plain

そして、一番の特徴は、この持ち手部分であろう。ここの形状を見れば、どのメーカーなのか直ぐわかるぜ!とおっしゃるプロフェッショナルな方も結構多いのではなかろうか。素人キャンパーの私でさえ、2~3社くらいなら判別できるかも知れないし。

 

f:id:shikkokudo:20170326201800j:plain

持ちやすさも大事だが、この様に引っ掛けたときの安定度合いも重要なファクター。但し、持ちてのアール以上となる太さには、掛けることが出来ない。まぁ、余程ぶっとい枝でもない限り大丈夫だろうが。

 

f:id:shikkokudo:20170326202411j:plain

時に・・・このシェラカップ、限定品とか記念品として製造されることが多い為、直ぐにプレミア価格となってしまう困ったちゃんなのだ。手に入り難くなればなるほど欲しくなり、そういうマニアによって値がどんどん吊り上がる・・・この傾向はアウトドア用品全体に言える事なのだが、御多分に漏れず「SIERRA CLUB」のオリジナルカップも目出度く製造終了となり、現在の価格は購入時の倍以上となってしまった。新品ではなく中古なのに、だ。

この風潮をバカバカしいと見るのか、はたまた・・・。いずれにせよ、それは各々の判断に委ねるしかない。ただ、この辺りの価値観で人生は大きく変わってしまう、そう言ってもあながち間違いでは無さそうな気がしてならないのは、決して無駄遣い大魔王の私だけではないだろう。