漆黒堂

人生を無彩色で彩りたい。

漆黒堂セレクション 「今すぐ食べたいパン Top 3」

f:id:shikkokudo:20170416180605j:plain

私は独身時代、炊飯器が無くともホームベーカリーは所有していたという変わり者です。要するにパン好きなのです。当然、朝は断固としてパン派であり、朝御飯を朝御パンと呼ぶべきだと本気で思っている人間がいるとしたら、それは少なくとも私の事だと自負しております。(ちなみに、上の画像が独身時代から使っている年代物のホームベーカリー。)

そんな私が独断と偏見で選んだ「今すぐ食べたいパン Top 3」

今回前置きは短めにして、早速本題に移りたいと思います。先ずは、第三位から。

第三位 日本が世界に誇るカレーパン

f:id:shikkokudo:20170416182642j:plain

コレを考案された方、カレーをパンで包むだけでは飽き足らず、パン粉を付けて油で揚げちゃうなどと、そのアイデアたるや天才と呼ぶ以外ないでしょう。これはもう、日本パン史上最高の発明とすべき代物。

 

f:id:shikkokudo:20170416182843j:plain

本来はこの様に割らずに、思い切ってかぶりつくのが正しい食べ方だと思います。確かに、パンとはちぎって食べる方がお行儀良いようです。しかし、カレーパンでそれをやった暁には、手は油でギトギト、パン粉らしきカスをそこら中に撒き散らし、挙句の果てにはカレーが指に付いちゃって結構面倒なことになりますよね。無作法なようでもダイナミックにガブリで御座いますよ。あー、今すぐ食べたい。

続きまして、第二位です。

第二位 ドライフルーツやナッツがたっぷりのライ麦パン

f:id:shikkokudo:20170416183054j:plain

何も入っていないプレーンなライ麦パンも捨てがたいですが、私はドライフルーツやナッツが入っている方が好きです。いつも次の日の朝食の為に買ってくるのですが、我慢できなくなって少しだけ、もうちょっとだけ、などと繰り返しているうちに、結局その日のうちに無くなってしまう魔性のパン。

 

f:id:shikkokudo:20170416183108j:plain

私だけかもしれませんが、ハード系のパンにはナイフが良く似合うと思っています。普通のパン包丁より切り難いですが、何となく雰囲気が出るような?

本場ドイツでは、きっとこうやって世界有数の刃物の町であるゾーリンゲンのナイフで切り分けているに違いない!イヤ、そうであって欲しい!!

ちなみに、このナイフはアメリカ製ですが・・・。

 

f:id:shikkokudo:20170416183123j:plain

こんな感じでナイフにぶっ刺して食べると味もひとしおなのですが、最後の方は危険なので結局外して食べなければなりません。でも、何だかワイルドでしょ?

さて、ついに第一位の発表です。今回並みいる強豪を抑え、華々しく優勝を飾ったパンとは・・・

第一位 外はサックリ、中はフワフワのクロワッサン

f:id:shikkokudo:20170416183249j:plain

今回、堂々の一位に輝いたのは、クロワッサンです!

外はサクサク、中はフワフワ。一口噛めば、口の中一杯にバターの香りが!

もう、この美味しさは説明するまでも無いでしょう。

 

f:id:shikkokudo:20170416183304j:plain

コレ、誰が考えたんでしょうね。カレーパンも凄いと思いましたが、デニッシュの場合はパン生地そのものの発明ですから、アイデアとしては数段上かもしれません。まぁ、そんな事はどうでも良くなるくらい、とにかく美味しいですよね、クロワッサンって。

 

f:id:shikkokudo:20170416183317j:plain

以上、悩みに悩んで選考した結果をお伝えしましたが、こうやって記事にしている最中にも、「あ、そう言えば、チーズが入っている系も良いなぁ・・・」とか、「クリームパンが無性に食べてぇ!」などと収拾がつきませんでした。つまり、日毎順位は入れ替わるのです。結局そんなもんです。人生なんて。

さて、明日の朝は、いつもの様にマーガリンをたっぷり塗りたくったトーストでも食べようかな。